TASC ーTochigi Aerospace Conferenceー 栃木航空宇宙懇話会

TASC(栃木航空宇宙懇話会)は、航空宇宙技術の発展と技術開発のために、
栃木県を中心とした一般企業、行政機関、学術機関の交流と情報交換を図る機関です。
 
TASCの公式ブログでは、
各会員様からの情報や
読み物を発信しています。
 
 
お知らせ/告知/レポート
研修会
研修会のお知らせ/告知/レポートを最新順に掲載しています。
詳細は各記事のリンクをご覧下さい。
 
 
第94回月例研修会
1、期日:平成29年2月22日(水)
2、研修会概要:
講師:
東京大学大学院 情報学環 教授 越塚 登(こしづか のぼる)様
テーマ:
『IoTがつくる新しいオープン・イノベーション』
1980年代より、Ubiquitous Computing、Pervasive Computingとして研究されてきた情報通信技術は、現在IoTと呼ばれ、我々のあらゆる場面に導入され、その社会を大きく変えようとしています。特に、今世紀以後は、ドイツのIndustrie 4.0や米国のIndustrial Internet、中国の物聯網など、世界的にも盛んに取り組まれ、特に、生産工程や社会インフラの管理運用、物流、災害対応、医療、小売り、教育など、様々な運用例が現れています。今回は、IoTのこれまでの流れと現状、特に、様々な応用分野における利活用の状況、それらがもたらすオープン・イノベーションについて、実例を交えてお話しいただきました。

参加者:67名
 
第93回月例研修会
1、期日:平成29年1月31日(火)
2、研修会概要:
講師:
(一般財団法人)日本航空機開発協会(JADC) 第二企画室 
市場調査グループリーダー 参与 宮城 裕之(みやぎ ひろゆき)様
テーマ:
『民間航空機業界の状況とその需要予測について』
航空機の開発は、計画段階から納入・運行終了までに長期間を要し、さらにその開発投資にも長期間を必要とするリスクの高い事業ですが、その開発決定を左右する大きな要素は将来の需要予測です。世界の航空旅客は過去20年間で2.6倍も拡大し、この間様々な経済状況の変動にも関わらず右肩上がりの成長を遂げてきました。
今回の講演では、将来の航空機需要予測の概要を紹介させていただき、将来の航空機産業の見通しについて、会員の皆様の参考にしていただきました。

参加者:81名
 
第92回月例研修会
1、期日:平成28年9月20日(火)
2、研修会概要:
講師:
(公社)日本航空技術協会 主席コンサルタント 拓殖大学 客員教授
(株)JALエアロコンサルティング 主席コンサルタント
久保田 徹(くぼた とおる)様
テーマ:
「ヒューマンファクターとは何か」
間違う・忘れる・思い込む・そしてたまにはズルをする。誰にでも持っている人間としての特性がいろんなエラーを引き起こします。
文明の発展とともに、人間は巨大かつ複雑なシステムを簡単に操作できるように工夫してきました。その工夫の中に、フューマンファクターの考えが取り入れられていないと、小さなエラーが大きな事故につながってしまいます。エラーを皆無にすることはできませんが、それが大きな事故にならないようにすることが必要です。
事故の歴史から学びとりながら、エラーへの対応法について考えてみるという視点からご講演頂きました。

参加者:78名
 
第91回月例研修会
1、期日:平成28年6月30日(木)
2、研修会概要:
講師:
東京大学 先端科学技術研究センター 教授 西成 活裕(にしなり かつひろ)様
テーマ:
「渋滞のサイエンス 〜渋滞学と経営改善〜」
渋滞という言葉でまず思い浮かべるのは、道路における車の渋滞でしょう。しかし
世の中には、人の流れ、インターネットのパケット流、体内の血流、工場やサプライチェーンでのモノの流れなど様々な流れがあり、そして「渋滞」が発生しています。こうしたあらゆる渋滞を科学的に研究するのが私が提唱する「渋滞学」です。20年以上の研究を通じて分かってきたことが、渋滞を避けるバッファとしての「ゆとり」の大切さです。例えば車間距離を適切にとることで高速道路での渋滞が緩和されます。講演ではこれまでの研究の様々な事例を紹介するとともに、それをムダとりや経営改善に適用した無駄学についても紹介いただきました。

参加者:78名
 
第90回月例研修会
1、期日:平成28年3月16日(水)
2、研修会概要:
講師:
サンドビック株式会社コロマントカンパニー
エアロスペース&パワーシステム ビジネス推進部
加工技術開発チーム スペシャリスト
高市 正三様
テーマ:
「最新の難削材加工技術と2016年新製品の紹介」
チタン合金の高性能フライス加工技術について、チタン合金の被削性やツールバスを含め、高能率加工のポイントについてご説明をいただくとともに、複合財CFRPとチタン合金の重ね板に対する穿孔技術についてご紹介。また合わせて、最新の同社製品情報についてもご紹介。

参加者:85名
第89回月例研修会
1、期日:平成28年2月4日(木)
2、研修会概要:
講師:
宇宙航空研究開発機構(JAXA)航空技術部門 D-SENDプロジェクトマネージャ
工学博士 吉田憲司様
テーマ:
「超音速旅客機の夢、再び!-JAXA 超音速機技術の最前線-」
航空機の高速化は人類の夢であり、開発史そのものです。世界初の超音速旅客機(SST)であるコンコルドはその到達点でしたが、経済性と環境適合性の課題のため、2003年に就航を終えました。しかし、それでもなおSSTへの憧れと復活が待望されています。
JAXAでは、世界的な次世代SSTに向けた研究の中で、将来の国際共同開発時に応分の貢献に繋がる"キー技術"の研究を実施されております。そして、今年7月24日には、現在最大の技術課題と言われるSST特有のソニックブームを大幅に低減する設計手法の飛行実証に成功されました。
その成果を中心に将来のSST実現の可能性についてご講演いただきました。

参加者:69名
 
 
 
過去のレポート
 
 
 
栃木航空宇宙懇話会 TASC All rights reserved
サイト内情報の無断での改変流用、許可なく転載することはご遠慮ください